The Soul of Japan

新渡戸稲造の「武士道」を読んだ。

新渡戸稲造が欧米人のために英語で書いた「Bushido(The Soul of Japan)」。もちろん原文で読む気力はないので日本語訳のさらに現代語訳を。

冒頭の一文がいい。

「武士道は桜の花に似ている」

もう、ここだけでも原文で読みたい。

おそらく先の大戦以前までは日本人の心に根付いていた武士道の精神。今の時代にそぐわない部分もあるとは思うけれど、では、今の日本に精神の骨組みとなる教えは何があるのだろう。

しき嶋のやまとごゝろを人とはゞ朝日にゝほふ山ざくら花(本居宣長)

もうすぐ、桜の季節だ。